【家計簿】12月の運用成績と投資収支のまとめ

いやー、やっと上げましたね。

昨年末には全然届きませんが、とりあえず、一息つきました。

まぁ、放置するほかないんですがね。

さて、日が空いてしまいましたが、昨年12月の家計簿を締めましたので、運用成績と資産をまとめておきます。

【総資産】

先月比:+3.5%

年初比:+21.0%

【資産内訳比率】

・22.2%:現金(先月比:+0.4%)
・10.1%:住宅財形(先月比:+18.1%)
・59.9%:日本株(先月比:+3.4%)
・4.3%:投資信託(先月比:▲3.8%)
・3.4%:外国債券(先月比:▲2.9%)

※先月比は絶対額の先月に対する上下です。

資産の約6割を占めている日本株が頑張ってくれたので、プラスで終われました。

まぁ、ボーナスもあるので、当然ですね。これでマイナスだときついです。

しかし、現在、日本株が下がりまくってるので、今月は惨憺たる結果が目に見えてるので、嫌になりますね~。

何はともあれ、15年は給与込で、総資産は年初から21%増という結果となりました。

21%の内訳は、給与等による生活収支プラス分と含み益になりますが、割合はおおよそ1:1ですね。

含み益は市場環境におおきく左右されるので、少なくとも生活収支は今年以上になるように管理していこうと思います!

【投資年間収支】

・配当:168,370円(先月比:+37,253円)
・優待:117,190円(先月比:+7,447円)
・売却益:327,362円(先月比:+3,175円)
——————————
合計 612,922円(先月比:+47,875円)

去年に立てが目標が60万円だったんですが、なんとか達成することが出来ました!

自分のサラリーからすると、この金額は少なくない金額ですよ!

優待は16年の生活費の削減にじわじわと効いてくるはずです。

上記の投資年間収支を資産の内訳の中の、日本株・投資信託・外国債券に対する利回りで換算すると、、資産金額が分かってしまうので、書きませんが、利回りとして考えてもかなり優秀ですね。配当でこの利回りを出せる所はないでしょ~。

総資産に対する利回りで考えても、中々かと。

15年は積極的に株を買ってきましたが、投資での収支や、含み益を考えると、個人的にはかなり満足度の高い結果となりました。

総資産は金融資産が多く市場の評価に影響されるので、狙って利益を出すのは、自分には難しいです。

でも、こっちの、投資による年間収支は、配当と優待である程度予想出来るので、ここを重点的に伸ばし、安定した確定利益を積み増せるように、16年も投資活動をしていこうと思います。

16年の予算や投資収支の目標は、また別の日にまとめておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です