【株式投資】2016年 申年の株式市場は騒ぐ年らしいが、確かに大騒ぎ!!

遅くなりましたが、2016年明けましておめでとうございます!

今年も株式投資のネタを中心に、家計簿やマラソン、テニスなどについて、ゆるゆるとブログを続けていきますので、よろしくお願いします。

年初の記事なので、本当は、2015年を振り返り、2016年の目標を綴りたかったんですが、それはまたの機会にします。

なぜなら、申年の株式市場の格言では、騒ぐ年になるなんて言われていますが、格言通り自分の持ち株は、年初から大騒ぎとなっとるからです!

なので、その騒ぎっぷりを年初のスタートにします!

まずは、いいニュースから、

■バルニバービ(3418)が1⇒2の株式分割決定!

昨年から注目していて、ちょこっと買っていた、バルニバービから株式分割のニュースが早速届きました!ただ、株価は思いの外反応していないので、下がればさらに買い増しも検討します。優待の新設も期待出来て、楽しみですしね!

まぁ、これだけなら、たいしたことなかったんですよ。

いいニュースだし、持ち株の中の比率もそんなに高くはないし。

問題のニュースは次、

■リボミック(4591)のIR三連発!

これが、強烈でした、、中身は直接みてもらった方がいいでしょう。

1月4日

① 大塚製薬株式会社との共同研究契約に関するお知らせ

② 平成28年3月期通期業績予想の修正に関するお知らせ

1月5日

③ 投資家の皆様へ(社長メッセージ)

まず、①から。

大塚製薬との共同研究で、3つの候補物質で共同研究を行っていたが、今後は1つに絞るよ。

残りの1つの契約はまだ検討中だよ。

で、②。

共同研究も減ったし、今期のライセンスアウトも目途が立ってないから、下方修正するよ。

と解釈しました。

いやー、今まで出席したIRセミナーでは、大塚製薬との元々の契約期間であった、12月末までにはアナウンスが出来るって言ってたので、びっくらこきました。契約は順調って言ってたからなー。

で、5日の結果はストップ安ですよ。ザラ場をみれなくて、仕事終わりに持ち株の損益みてびっくらこきました。見間違いかと思いましたもん。

で、今後の対応どうしようかと考えていると、③なんです。

どーも、投資家の皆様、社長の中村です。みんなを勘違いさせてごめんよ。大塚製薬は経営資源を集中させるために絞ったのであって、残り2つの候補物質もすげーいいもんで、他にもいろいろ活用できるから、これは自社でやるよ。でもって、大塚が検討している候補物質も、かなりいい感じで、いままでより、より前向きな契約が出来そうなんだよ。

だから、慌てないで、俺について来い!

と読み取れました。

で、本日、株価は一旦底入れしました。一時、年初来安値を更新した場面もありましたが、終わってみれば、安値からは大分上で取引を終えました。

いやー、ボラリティが大きくて心臓に悪いです。

5日は、値下がり率堂々の1位だもんね。

で、これからのスタンスなんですが、③の社長のコメント信じて継続ホールドです!

確かに、この2日間で大分下げましたが、終値で今までの安値を更新することも無く、意外と力強さを感じます。

まぁ、現状含み損ですが、昨年の投資利益を考えると、まだまだ余裕がありますので、落ち着いてみると、まだ気持ち的にも大丈夫です。トータルの含み損益もプラスですしね。

後は、天与の買い場と捉えて、買い増しをするかどうかですね。

■最悪のパターン

ずーっとライセンスアウトが無くて、資金が枯渇。倒産。

■ありそうなパターン

1月中に、まず大塚製薬とのオプション契約を新規に締結。ライセンスアウト内定!?が実現すれば???

そんなに悪い賭けではないと思います。

後は、自分の総資産をどこまでぶち込むか。。。

。。

よし、決めた!

10%いっちゃおう!

申年、騒がしい一年となりそうです!

今年もよろしくお願いします!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です