【IPO】怪我の功名!?郵政グループIPO、二日酔いで売却が一日遅くなった結果は?

いやー、郵政グループ大賑わいですね!日経平均の上昇も手伝って、こんなに盛り上がるとは!その割には、自分のポートフォリオのパフォーマンスはイマイチです。

マザーズ、ジャスダックの資金は、郵政グループの上場で盛り上がっている、東証一部に向かっている感じですかね。

さて、当初、郵政グループの投資スタンスは、10%の利益が乗れば上場初日に売却!のつもりでした。(【IPO】郵政グループ抽選結果(まとめ)と投資スタンス

ところがどっこい、3日の夜は、がっつり飲んでしまい、前後不覚。。売買注文を行うどころではありませんでした。(【生活】楽しい飲み会のコストは?

なので売却は、上場から1日経った5日となってしまいました。

手持ちは、

・ゆうちょ銀行:200株(公募価格:1450円)

・日本郵政:300株(公募価格:1400円)

となっております。

で、どうだったのかと言うと、、、

11月5日の初値で売却となりまして。

【ゆうちょ銀行】

1707円(売却価格)-1450円(公募価格)=257円×200株=51,400円

【日本郵政】

1775円(売却価格)-1400円(公募価格)=375円×300株=112,500円

合計利益:163,900円

投資額が710,000円なので、利回り23%(税・手数料含まず)!

いやー、十分過ぎる出来ですね!

早めのボーナス、クリスマスプレゼントって所でしょうか。

でもって、ついつい、気になってしまうのが、当初の予定の4日初値で売却をしていたら、、、

合計利益:115,300円

利回り16%(税・手数料含まず)。差額は54,000円!

3日の飲み会代が18,000円でしたが、飲み潰れて良かったよーー!

この資金は、年末のIPO、優待のただ取りに使います~。

ありがたや~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です