【セミナー】日経マネー30周年記念シンポジウムへ出席

うーん、まぁ、、、

行かなくても良かった、かな。

天気は悪かったのですが、ホールが一杯だったので、800名の申込み者、ほとんど来ていたんでしょう。で、このくらいの人数がいるからなのか、講演の内容が全体公約数的なものばっかりで、正直いまいちでした。

もっと突っ込んだ話が聞きたいのだよ!

せっかくの講演なので、生の声を聴きたいのですよ!

桐谷広人さんの話は普通におもしろかったです。桐谷さんの講演が終わると、結構な数の人が帰ってましたw

全体として、得るものは無かったかなぁ。

でも、せっかくなので、、

世界の2016年のマーケット概況です。

■中国

経済はゆるやかに失速

・不動産→×

・株→×

中国の投資家は利財商品に向かう。でも、これも駄目で、損失を被る人がたくさんでるだろう。で、株みたいに国が損失を補填しない。個人投資家がリスクを自覚する一年だそうで。

■中東

・シリアの地政学リスクがホットになる

■インド

・スピードは鈍化するかもしれないが、順調

■欧州

・ギリシャ人は借金を返すつもりはない。再燃は必須。

・難民問題

・VWの不正により、ドイツ経済失速

■米国

・金利は上がるかもしれないが、それでも、市場に出ている資金供給量は莫大

■まとめ

欧州がいまいち。地政学リスクもくすぶる。そうすると、市場に流れている資金は日本に向かいやすくなる。日本にとっては追い風。

だそうですが、日本市場に追い風なのかなぁ。輸出企業がダメージ受けるから、追い風ってのはねぇ。

ともあれ、今後もセミナーや会社説明会には出来るだけ積極的に出席しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です