FP2級の検討、AFP認定は必要?

昨日に引き続き、ノーベル物理学賞受賞!

めでたいですね!今度はどの銘柄が注目されるんでしょうかね?

我ら、というより、持ち株のバイオ銘柄である、リボミックに早く日が当たって欲しい所です。まぁ、中村社長を信じて、気長に待ちます。

さて、FP2級の取得を検討しています。

FPとは、ファイナルシャルプランナーのことで、人生設計やら保険やら、資産運用、相続、不動産、等々お金に関することを、まんべんなく体系的に勉強する資格なので、投資家とは非常に相性の良い資格だと思ってます。(参考:FPとは?

今年の4月だか5月に3級には合格したので、来年の1月24日にある、2級の受験を検討しています。

2級からは、筆記試験とは別に、AFP認定という制度があって、これの認定をもらうのには、協会の認定した専門学校に行って、指定講座を受講して、論文書いて合格しなければいけないらしいのですよ。(2級とAFPそれぞれ認定がある)

このAFP制度が何かというと、2年毎の更新が必要なので、これを持ってる人は、FPとして2級だけの人より、信頼度が高いよ~、と協会が保証してくれるもんみたいです。

論文の内容が、顧客のライフプランニングなどの実践を考えることみたいなので、それはそれでいいんですが、このAFPどれだけ意味があるんだろう?協会員に入るのに、年会費が1万円程掛かった気がします。この資格でバイトとか出来るのか?

大原とかTACに通うと、10万位かかるんだよなー。

通信でも取れるので、どうやって取ろうか検討中。。

2級だけならテキスト買って、数千円で済んじゃうしなー。

勉強内容はほぼ一みたいなので、どーせなら取らないともったいない気もするし、よくよく検討したいと思います。

国の給付金制度がもらえる講座とかないのかな~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です