開設口座一覧(2/2)

テレビをみていると、、

郵政のIPOのCMがっ!!

これは驚きました。動向についていろいろブログでも出てますが、BBの始まる10月までまだまだ様子見です。ほかのIPOが出てくるかもしれないですしね。

えーと、昨日の続きの開設している口座の続きです。

■HS証券

IPOオンリーでの使用ですが、外国債券の売り出しのメールがよくくるのは自分だけ?肝心のIPOには力をいれているみたいですが、ポイント制を導入しており、抽選の半分がポイント使用者に優先的に配分されます。IPOの倍率がネットにアップされてるのも好印象です。ただ、IPOのポイントを貯める条件が厳しくて、優先抽選に回るのは自分では無理ゲーです。。でも、昨年は一撃で100万円の利益が出た、CRI・ミドルウェアを配分してもらいました!!

■岡三オンライン

いろいろ取引ツールが充実してるみたいですが、使ったことはありません。。最近はIPOを取り上げることもないので、口座は0円が続いています。

■松井証券

10万円以下の取引無料なのが特徴でしょうか。一般信用の取り扱いもありますが、取扱い銘柄数は株ドットコム証券の方が多いので、残高を確認して資金移動をするのが面倒なので、ここもしばらく使っていません。。。

■大和証券

IPOの幹事入りになることが多いので、IPOには必須の証券会社かと思います。その分倍率も高いと思いますが、今年はサムティレジデンシャル法人が当選しました!

■東海東京証券

最近になって、IPOの幹事入りになることが多くなってきた気がします。かつては電話申込しか出来なかったのですが、今は、ネットでIPOの申し込みが可能になったので、競争率が上がっちゃってきたかな~。そろそろ配分を期待したいところです!

■丸三証券

大学生時代、初めて口座開設したのが丸三証券でした。確か当時、口座開設数か月間20万円までの取引手数料だったのがきっかけだったと思います。今でもたまにIPOの募集があり、昨年はムゲンエステートが当選しました!

【まとめ】

■IPOに必須の証券会社

SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、大和証券

■IPOに開いておいた方がいい証券会社

カブドットコム証券、HS証券、野村ネットコール証券、みずほ証券、東海東京証券、丸三証券

自分の印象だとこんな感じでしょうか。IPOの申し込みも、資金に余裕が無い時は、大体上記の優先順位で申し込みをしています。郵政グループは何処で申し込むか迷っちゃいそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です