開設口座一覧(1/2)

投資に必要な証券会社の口座ですが、皆さんはいくつ開いてますか?

自分はと言うと、12の証券会社の口座を開いています。

何故12もの口座を開いているかというと、一番の目的はIPOに申し込みをするためですね。

IPOの当選のための王道は、洩れなくこつこつ申し込みをすることなので、IPOの幹事会社となる回数の多い、証券会社は口座を開設をしておく必要があります。まぁ、それでも当選するのは大変なのですが、コストが掛からないで比較的大きなリターンを見込めるのでやはり魅力ですよね。

そんなわけで、ほとんどがIPOの申し込みをするためだけとなっています。

主力として使っているのはSBI証券になります。

扱っている商品・手数料・サイトの使いやすさをトータルで考えるとSBI証券が便利な気がします。ただ、ポイントポイントで、他の証券会社の方が有利になるケースも多々あるので、その辺は臨機応変に使い分けています。

前置きが長くなりましたが、下記に自分が使っている証券会社と使用目的を簡単に記しておきたいと思います。

■SBI証券

自分の主力口座。NISAも開設しています。NISAでの購入手数料が無料なので、来年は海外ETFの購入検討中。総合証券会社として、非常にバランスが取れているんではないでしょうか。IPOは通常ではまず当たらない、IPOポイントの使いどころが鍵でしょうか。

■SMBC日興証券

IPOの申込だけ使用しています。IPOの幹事会社になることも多く、抽選も平等なので、IPOでは必須の会社。自分も過去に、ケネディクス商業リート投資法人とSTUDIOUSを配分してもらいました!ありがたや~

■カブドットコム証券

優待のタダ取りに必須の会社。取扱い一般信用取引銘柄が一番多いはず。自分も9月に向けて資金移動は完了!IPOはたまーに取り扱う位。抽選は平等です。あと、一部のETFが購入手数料無料です!!

■マネックス証券

IPOの取り扱いも多く、完全抽選!自分みたいに資金の無い、弱小投資家にはありがたい存在。また、米国株の取り扱いに強く、情報も豊富みたいです。米国株やるならマネックス証券なのかな。

■野村ネットコール

IPOの申込時には口座に入金が必要ありません。もちろん、IPOの幹事入りもトップクラス!だが、当たらない。。店頭配分が多いのかなー。

■みずほ証券

ここもIPOの取り扱いは多いんですが、配分となるとどうなんでしょう?あまり、ネット上では当選の報告をみないですね。一応、開設しておくと良いって所でしょうか。

ふー、意外と長くなってしまったので、残りの6社はまたあした。

書いてある内容については、証券会社のHPにて必ず自分で確認してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です